ご挨拶

グループ一体で「顧客力」「総合力」「機動力」を発揮し、
「TLC(Total Life Concierge)」を実現します。

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

株式会社TOKAIホールディングスは、株式会社TOKAI、株式会社TOKAIコミュニケーションズ、東海ガス株式会社、株式会社TOKAIケーブルネットワークをはじめとする26の事業会社を傘下に持つ、TOKAIグループの持株会社です。2011年4月に、グループ間での統合シナジーの創出を目的として経営統合し、持株会社体制に移行しました。

私たちTOKAIグループは、1950年に都市ガス事業を開始して以来、事業の多角化を進め、LPガス、インターネット、CATV、アクア(宅配水)、住宅設備、セキュリティ、保険、ブライダル、介護、総合リフォーム等、人々の生活に密着したさまざまな商品サービスを幅広く提供しています。また、営業エリアも静岡県および関東一円から日本全国へ積極的な面的拡大を展開し、いまやそのお客様の数は290万件にのぼります。

そして、経営統合以降、私たちが目指しているのは、様々なお客様の暮らしを総合的にかつきめ細かにサポートする「TLC(Total Life Concierge)」構想です。暮らしに関わるあらゆるサービスをワンストップ、ワンコントラクト、ワンコールセンターで提供し、お客様やその先の地域・社会・地球環境とのつながりを深めながら、人々の豊かな生活、地域社会の発展、地球環境保全に貢献してまいります。

このTLC構想を具現化するサービスとして2012年12月からは、グループ横断の「TLC会員サービス」を開始しました。この会員数も80万件に達しており、豊富なサービスのセットメニューを提案することで、お客様に更なるメリットを提供するとともに、お客様との結びつきを一層強めていきます。

一方、これまで日本国内で蓄積してきた事業ノウハウの海外展開にも注力してまいります。中国でのアクア事業や台湾でのシステム開発事業、ミャンマーでのガス事業など、ASEAN進出も視野に入れてサービスを展開しております。

代表取締役社長(CEO) 鴇田 勝彦の写真

TOKAIグループの最大の強みは、290万件の「顧客力」、多彩な商品・サービスをワンストップで提供する「総合力」、お客様のニーズに即応する「機動力」にあります。この「顧客力」・「総合力」・「機動力」を最大限に発揮するとともに、第四次産業革命に対応した「ABCIR+S(アブサーズ)」の新たな技術革新にも積極的に取り組み、新たなサービスを想像いたします。そして、すべてのステークホルダーとの信頼関係の強化に取り組み、企業価値を高めることで、皆様の期待に応えてまいります。

皆様には、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長(CEO)
鴇田 勝彦

※ABCIR+S(アブサーズ):当社グループの技術革新へ向けた戦略のこと。AI(A)、Big Data(B)、Cloud(C)、IoT(I)、Robotics(R)、Smart Phone(S)、それぞれの頭文字を繋げた造語。