トップメッセージ

次なる成長期実現のために
中期経営計画IP16“Growing”を着実に遂行します。

当社グループは現在、中期経営計画「Innovation Plan 2016(IP16)“Growing”」に沿って事業の運営を行っています。同計画の基本方針として、(1)顧客件数の増加により増収を継続し、収益力を回復する、(2)引き続き財務体質改善を進め経営の安定性を引き上げる、(3)継続的かつ安定的な還元方針で株主に報いていく、を掲げています。

2016年3月期は、継続的にお取引いただいている当社グループのお客様件数が、256万件と前期末から2万件増加しました。お客様との接点強化・優遇施策である「TLC会員サービス」の会員数につきましても、49万件と前期末から10万件増加しました。一方、資金調達の低コスト化、調達の多様化を進め、有利子負債は714億円まで減少しました。

また、当社グループの業績は、ガスの仕入価格低下に伴う販売価格の引下げを行ったことにより売上高は1,809億円(前期比3.5%減)、営業利益は光コラボレーションサービスのお客様獲得、転用にかかる先行費用の負担により82億円(同8.4%減)、経常利益は82億円(同4.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は35億円(同12.1%減)となりました。

代表取締役社長(CEO) 鴇田 勝彦の写真

2017年3月期は、IP16“Growing”の最終年度となります。お客様の快適な生活を総合的にかつきめ細かにサポートする「TLC(トータルライフコンシェルジュ)」として、お客様の生活に欠かせない多彩なサービスをさらに充実させ、IP16“Growing”の達成に向けてグループ一丸となって取り組んでまいります。

今後とも倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長(CEO)
鴇田 勝彦