IRポリシー

当社は、株主・投資家の皆様との建設的な目的を持った対話を積極的に行うとともに、定量的な財務情報や非財務情報を適時かつ適切に説明・開示することにより、企業としての説明責任を果たし、株主・投資家を含めたステークホルダーからのご期待に応えるよう努めてまいります。

1.企業情報の開示について

当社は、迅速で公平かつ正確でわかりやすい企業情報の発信に努めてまいります。また、一部の特定の方に対し、特定の情報をお伝えすることはいたしません。
お伝えする情報とは以下の通りです。

・決算関連情報(四半期、半期、通期決算)
・その他適時開示事項
・適時開示規則に該当しないPR情報

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TD-net)において公開するとともに、当社ホームページへ速やかに掲載いたします。

3.株主・投資家の皆様との対話について

当社は、株主・投資家の皆様との建設的な対話を重視し、対話を通じて当社経営方針にかかる理解を得る努力を行うとともに、株主・投資家目線の経営分析や意見を吸収及び反映し、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値向上に取り組んでまいります。